remon cakes

ハロオタの偏愛と妄想。

アンジュルムにはあとは良曲くるだけ

個人的には「次々続々」以降、キラーチューンから遠ざかってる印象。

「愛進愛退」はタイトルの狂いっぷりと曲も悪くなかったけど、私のなかでは突き抜けなかった。

たとえば「ドンデンガエシ」は初めて聴いたときは微妙だったけどライブで聴いたら楽しすぎた。そういう曲もあんまりないように思う。

「次々続々」は旅立つめいめいに生半可なことすんなよ!見てるぞ!っていう戦闘集団アンジュルムらしい応援歌で最高だった。

そういうストーリーもあるけど、それでも曲としても超楽しかった。

 

アンジュルムに良曲来い。

「愛進愛退」みたいな攻めまくったかっこいいタイトルのあとに「愛さえあれば何にも要らない」って平凡すぎるだろ。

新曲が「ドンデンガエシ」のようなライブであがる曲に成長してくれたらいいな…。

春コンで聞いた限りは、イマイチではあった。

ウラハラバーってタイトルがもう…。いや、これはスルメ曲の布石か?

そしてアコースティックverというシングルの曲点数稼ぎみたいのも要らん!

メンバー一人も増減してない状態でもう1回やり直すってなんじゃそら!!

PVも作り直してる暇あったら、別曲くれ!

 

アンジュルムに良曲来い。

アンジュルムに頼むから来い。

良曲こないなら、つんくがいい。つんくなら何しても私は信じてついていく。

あとは雨子さんをもっと召還してください。

 

なんでこの事務所はアルバムで良曲やってシングルがつまらないの。